イククルの詳細と口コミ

老舗出会い系サイト「イクヨクルヨ」
イククルは2000年に運営を開始された会員数1000万人の超巨大出会い系サイトです。

3013年の大晦日に放送されている「ガキ使」で紹介されたという実績もあるサイト。業界でも有名なサイトです。

利用者の評判なども含め書いていきたいと思います^^

イククルのポイント料金表

メールを送る5P
メールを読む無料
プロフィールを見る無料
掲示板に書き込み5P(1日1回無料)
掲示板の書き込みを見る1P

1P=10円

イククルってちゃんと出会うことができるのできるの?

イククルを利用しても女の子としっかり出会うことができます。それは事実です。地上波のTV番組でサクラばかりの悪徳サイトが紹介されるわけもないですので安心して利用することができると思います。

イククルも公安委員会にしっかりと届出もされて許可がされているサイトですのでご安心ください。
悪徳サイトが十数年運営されるわけはありません。信頼と実績がしっかりあるから17年も運営し続けられているのだと思います。出会えなければ、ユーザーはあっという間に他のサイトへ流れていきますから。

女性と出会うまでどのくらいポイントが必要?!

個人差はあると思いますが、一人の女性と出会うまでの費用は250円〜500円程度かと思います。
詐欺サイトでは万単位でお金を課金してもサクラばかりなので出会える訳もありませんが、イククルでは、

一人の女性と出会う平均金額=250円〜500円程度(メッセージ送信5〜10通)

平均なので、少ない人もいるでしょうし、少し多めになる方もいらっしゃいます。
それは、男性側だけでなく女性側とのやりとりの内容にも夜と思いますが。

これは、LINEやカカオなどに行こうするまでにサイト内でやりとりする金額です。
サイト内では、まずは直接連絡を取れるLINEやカカオなどのIDの交換を目指しましょう。

イククルはこんな男性にオススメ!

このイククルというサイトは、さくっと遊べる異性の友達の募集〜セックスを楽しむ相手を探すなど幅広く利用できるサイトです。
割り切った出会いを探している女性も多いので、面倒な駆け引きなども不要で女性と出会いを楽しむことができると思います。

▶︎イクヨクルヨ公式サイト

イククルで出会う!スタートダッシュが肝心!

イククルで活動する方にお得情報をお伝えしておこうと思います!
これを知っていればライバルに差をつけられること間違いなし!!!

1.初回登録限定のポイントは全てもらうこと

初回登録限定ですが、100ポイント(1000円分)のポイントをもらうことができます!
このポイントをもらうためには、身分証などによる「年齢確認」と「電話番号認証」の二つが必要になるのですが、この2つは出会うためには必須と言える機能「メッセージの送信」機能を使うためにはできません。

会員登録を済ませたら、ささっと年齢確認と電話番号認証をしてしまいましょう。

新人さんは有利にできている!

イククルには「新人検索」という検索機能があります。この機能のおかげでニューフェイスは女性に検索されやすいんです。

出会い系の女性には、出会いなれた男性よりもまだ出会い系に登録したばかりの出会い系初心者の男性は好まれやすいため登録後はその立場をしっかり利用して出会いのチャンスを増やしましょう。

新人検索されたときに、女性にスルーされないように、プロフ写真やプロフはしっかり作り込んで起きましょう。

ルックスを重視するなら!

一般的なプロフ検索の他に、イククルには「フェイス画像検索」という機能があります。

この機能は、女性会員の登録しているプロフ画像が一覧で並び、自分の好みの女性を探すことができます。どうせ出会うなら顔重視という男性にはオススメの機能。

デメリットは、顔写真からプロフページに飛ぶと、通常のプロフ閲覧ポイント1Pとプロフ画像を見るときに消費する2Pがかかってしまうため、見すぎるとあっという間にポイントがなくなるので注意が必要です。

3000円以上のポイント購入で2倍もらえる!

出会い系では、一定額のポイントを購入するとサービスポイントがもらえたりします。
イククルではイベントやキャンペーンに関わらずいつでも2倍のポイントです。

2000円購入→210PT追加(キャンペーン適用なし)
3000PT購入→600PT追加(2倍キャンペーン適用あり)

1000円多く課金することで3倍ものポイントが追加されるためこれを利用しない手はありません。イククルで課金する場合は、必ず3000円分のポイントを購入しましょう。

コスパで言えば、イククルはかなり優秀なサイトだと思います。

▶︎イクヨクルヨ公式サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る