プロフィール

名前:レオ
年齢:1987年
職業:ニート→WEB関連の会社に就職
趣味:ゲーム・アニメ
性格:人見知りで、内向的。という言葉がぴったりなタイプでしたが、出会い系を使い始めてから少し人見知りも治ってきている気がしています。
好きなタイプ:気遣いができる女性
身長:165センチ
体重:67キロ

よく女の子が嫌う「ハゲ」ではないけど「チビ」&「デブ」(ちょっとぽっちゃり?)には当てはまるような・・・・(泣)

自己紹介

当サイトにアクセスしていただきありがとうございます。
上のプロフィールを見ていただくと、「大丈夫か?こいつは・・・」と心配される方もいるかもしれませんが、基本的に僕は”出会い系サイトには向いていない人間”ではあると思われます。

趣味がゲームとアニメというおたく気質で、さらには人見知り。
出会い系を始めるまでに、リアルで女性へアプローチできた試しがありません。
ですが、こんな僕でも男の子!
可愛い女性とエッチしまくりたい!!!という願望はあるわけです。

可愛い女性とエッチしまくるためには、性格を変える必要がありますが悲しいかな・・・20歳も過ぎますとなかなか性格を変えることというのは難しい。だけど、女性とエッチを・・・という負のループです(泣)

それなら、出会い系サイトでは違う自分を演じて見ればいいんじゃないのか?!
ということで、僕なりに試行錯誤しながら出会い系サイト用の人格を作りやってきました。

出会い系サイトでは、内気な性格は封印。
とにかく攻めに攻めるというスタイルです。
(上から目線は女性に嫌われますので気をつけてください)

出会い系を始めたきっかけ

僕の話なんか興味がないかもしれませんが、少しだけお付き合いくださいw
僕は出会い系を始めるまでちょっと前まではニートの引きこもりでした。
就職しても男性ばかりの会社です。
出会いは皆無です。

高校も男子校で周りに女の子はおらず、高卒で働き始めましたが工場でしたのでまぁ可愛い女の子をいう人はいませんでした。
いるのは、おじさんとちょろっと事務方のおばさんです。

性欲だけはあるけど、内気な性格もあり女性との出会いには積極的ではなくひたすら道程を守り続けてしまいました。
20歳になり風俗に通ったりもしましたが、帰宅するときはなんとも言えない気分でしたね。

そんな僕でも24歳くらいの時にやっと童貞を卒業することができました。

きっかけは、ほんとうに突然訪れました。
ニート仲間だった悪友が遊びに来た時に、やたら機嫌がいい。
どうしたんだよこいつは・・・と。

僕:「今日やたらと機嫌いいじゃん。なんかあった?」

悪友:「実はさ・・・」と携帯を取り出し、僕好みの女性の写真を見せてきたんです。

僕:「なにこの子。可愛いじゃん。なんでこんな画像持ってんだよ?」

悪友:「ヤッんだよねw昨日。」

僕:「ふぁ?!?!?!?!」

あまりの衝撃的な一言に一瞬なにを言われたか理解ができませんでしたw
風俗嬢とやれたのか?と思い聞き直す。

僕:「デリかなんかの子?」

悪友:「ちげーよ。普通の子。可愛いだろw」

僕:「嘘だろ?!おまえも俺と一緒で女の子に縁ないじゃんw」

悪友は、類は共を呼ぶじゃないですが僕と同類ですw
ハゲではないけど、カッコイイとは縁遠いような男です。一緒に風俗にいったりキャバクラに行ったりモテない街道を二人で歩いていると思っていました。

そんなやつがいつの間にか、こんなに可愛い子とエッチをしたと・・・

僕:「証拠とかあんの?メールのやりとりとかさ。」

悪友は、ニヤッとすると、携帯の写真フォルダをおもむろに開き見せつけてきました。
僕は、「!!!!!!!」状態。

まさかのかわい子じゃんとのハメ撮り画像・・・(泣)

その写真フォルダには、かわい子ちゃんとのハメ撮りやフェラ画像などが多数保存されていました。
衝撃的すぎて、言葉を詰まらせながらも悪友に経緯を教えてもらいました。

このかわい子ちゃんとは出会い系サイトで出会ったこと。
1週間くらいメールのやりとりをして、昨日の夜に飲みに行きそのままホテルに連れ込むことができた。という内容でした。

正直、僕は出会い系サイトのイメージはあまり良くはなくサクラが大量にいて女の子と出会えるわけがないと思っていました。ネットでは、美女とエッチできたというのも書いてありますが全く信じてはいなかったのです。

なのに、自分の友達が出会い系サイトでいい思いを実際にしている。僕も悪友のように女の子といいことしたい。そんな思いから僕は悪友が使っているという出会い系サイトを教えてもらい登録してみることにしました。

実際に登録して、悪友に教えてもらったようにやりとりをすると、28歳の歯科助手の女性と待ち合わせすることに成功しました。

彼女と合流して「どこに行こうか?」と聞くと「どこでもいいよ^^」と返事が。
「じゃあ、ご飯でも・・・・」と提案すると「あんまりお腹空いてないんだよね・・・・」と。
少し不安になるが、どこでもいいと言ったしなと思い「じゃあホテルは・・・???」と聞くと、「え〜♡」と言いながら嫌がらない!!

これはいけるんじゃないか?とそのままホテルまで行くとすんなり部屋まで一緒に来てくれてあっさり童貞を卒業しました。

当時を思い返してみると、自分で恥ずかしくなるほど幼稚なやり方で女性を誘っていたりして出会い系におけるテクニックなどはなかったですし、失敗もかなりしました。
ですが、出会い系でセックスが出来るというのは本当だというのがわかっていたので、試行錯誤しながら女性と出会い続けて来たのです。

今でも、僕は出会い系サイトを使って女性と会うことができています。
なかなか女性と出会うことができないという方やこれから出会い系を使って女性と会ってみたいという方の参考になるようなサイトにしていければと思っています。

長々とお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る